■The constitution of this page. :HPの構成 

  • 左(Left)=📷🎥(写真+動画)Photo+Movie
  • 中(Middle)=🎼(音楽)Music
  • 右(Right)=💁(各種案内):Guidances

◎Preparation.

  • 2019/05/26 13:09実験掲載中

 

(Link with)🎼World song exhibition HP.

  • ★世界の歌コーナー(この列)
  • 🎶🎷 🎸🎹 🎺ト 🎻 🥁 🎤 👨‍🎤👩‍
  • 🎼第12回世界の歌:: ~ 
    The twelfth world song :AU exhibition HP
  • 世界の歌へリンク (↑Click flag)

🎶The songs of this week. (Contents)

▼クリック(Click)=Detail(詳細)がOpen(開く) 

 

 

 

今週の歌①The song of this week.

  • 【世界の歌予定】【パート🎼】PDF(←Click)
  • 【安らぎ文庫HP】予定
    2/28:Part-1オープニング
    3/20:Part2特別編アフリカのミュージシャン紹介
    3/30:Part3:通常編
    4/10:Part4:マケバ記念フェスティバル
    4/20:Part5:通常編
    4/30: Part6:文化と偏見と人権を問う
    詳細日程は2/28日に検討
  • 特別編:ミリアム・マケバ(Miriam Makeba, 1932年3月4日 - 2008年11月10日)特集。
  • 【PataPata】①African Acrobats
  • 【浜田隆政コメント】トップは迷わず。コレ。素晴らしいの一語です。今月の歌・世界の歌を何度も辞めようと思いながら、こうしたことがあると…。

  • 2021/04/10:00:00より掲載。
  • Part-3で掲載漏れの方も慌てずにいてください。最低でも5月末頃まで、場合によれば6月までアフリカは続きます。拡大再編版と異なりロングランです。

▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

  •  
  • 【YouTube記載項目】


  • Productions X-Enterprise,Inc
    チャンネル登録者数 20人

 

 

 

今週の歌②The song of this week.

  •  
  • 【PataPata】②Bill and Oti Cha Cha Cha to Pata Pata - Week 1 ✨ BBC Strictly 2020
  • 全体の流れから、このコンテンツ。

▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

  • 【YouTube記載項目】

    BBC Strictly Come Dancing
    チャンネル登録者数 46.7万人
    Stream Strictly live on BBC iPlayer 🔴 https://bbc.in/2MyAdzw

    Subscribe and 🔔 to BBC Strictly ✨ https://bit.ly/2kzjjAT

    Subscribe and 🔔 to BBC 👉 https://bit.ly/2IXqEIn


    Bill Bailey and Oti Mabuse Cha Cha Cha to Pata Pata by Miriam Makeba.

    Celebrities take to the dance floor to perform a dazzling display of ballroom routines.

    Strictly Come Dancing ✨ Series 18 Week 1 ✨ BBC

    #BBCStrictly​ #BBCStrictlyComeDancing​ #BBCiPlayer​ #BBCStrictly2020​ #StrictlyComeDancing​ #Strictly​ #SCD​


 

 

今週の歌⑤The song of this week.

  •  
  • 【PataPata】③Pata Pata Recording Session at Apogee Studios | Playing For Change
  • 【浜田隆政解説】バラエティ多様性強調版。
    私の世界の歌はcompetition(競争)型ではなく、collaboration(共同・協同)型。
    そこで、原則、同一波長のコンテンツは同一回では掲載しない。
  • From

▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

  •  
  • 【YouTube記載項目】
    Playing For Change
    チャンネル登録者数 228万人
    Enjoy this video of the PFC Band performing Miriam Makeba’s classic hit, “Pata Pata” live at Apogee Studio’s in Santa Monica, CA. Pata Pata is the name of a traditional dance from Miriam’s homeland, South Africa. You are sure to move your feet to the rhythm and voices of the PFC Band live and on fire!! Sing along if you can… “Saququka sathi bheka, nants’ iPata Pata…”

    ***This version is a medley and also includes the songs "The Lion Sleeps Tonight" by George Weiss/Solomon Linda and "Sebaka Nyana" by Malaika***

    The PFC Band is on tour now! See dates here: http://playingforchange.com/events​

    Buy PFC Band Live in Brazil CD, DVD or Digital Download here:
    http://bit.ly/1YnFRiE​

    Become a member to see all the PFC Live in Brazil videos:
    https://playingforchange.com/members​

    JOIN THE MOVEMENT
    Subscribe to our newsletter: http://bit.ly/1x9CAfJ​
    Join us as a YouTube Member here: https://www.youtube.com/channel/UCn25...​

    GET SOCIAL
    https://www.facebook.com/PlayingForCh...​
    https://twitter.com/playing4change​
    http://instagram.com/playing4change​

    Playing For Change (PFC) is a movement created to inspire and connect the world through music, born from the shared belief that music has the power to break down boundaries and overcome distances between people. The primary focus of PFC is to record and film musicians performing in their natural environments and combine their talents and cultural power in innovative videos called Songs Around The World. Creating these videos motivated PFC to form the Playing For Change Band—a tangible, traveling representation of its mission, featuring musicians met along their journey; and establish the Playing For Change Foundation—a separate 501(c)3 nonprofit organization dedicated to building music and art schools for children around the world. Through these efforts, Playing For Change aims to create hope and inspiration for the future of our planet.

    To learn more about the work of the PFC Foundation, visit http://www.playingforchange.org
  •  
  •  

 

 

今週の歌④The song of this week.

  •  
  • 【マライカ】④Harry Belafonte & Miriam Makeba - Malaika
  • 【浜田隆政コメント】  ここは、最初は、マキバの「The lion is sleeping tonight (ライオンは寝ている)」の原曲(アメリカで歌われたのとは少し違う、素朴版)を考えていた。しかし、このコンテンツは世界の歌前身の「今月の歌」附属今週の歌で使用したため、迷いがあった。
    大変、面白いコンテンツであり、マキバ全盛期の頃のコンテンツであったが、今回はマキバを代表する「Malika」とした。
     マライカも候補は幾つもあったが、今回は…とした。マキバの全盛期頃のライブ版は臨時会場・総合案内所で掲載することにした。
     ④⑤で似たコンテンツは掲載しないという原則からでもある。
  • ここは、未だに迷い。
    A)Makebaのライオンは寝ているの原曲版か
    B)Makebaのマライカ (モロ黒画像)ライブ完全版か(歌の完璧版)
    C)今回の映像とともにか。(これも勿論良いです)
    Aならば⑤はAngélique Kidjoの画像版(歌の完璧版)となる
    頭の中でのシュミレーションでは限界があり、両方やらねば不明。最初はA)途中でC)。
    Aならば、完璧版で①~⑤は決まるが…。取りあえず、⑥を考えてC)

▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

  • 【YouTube記載項目】

    marie maurice I
    Harry Belafonte & Miriam Makeba - Malaika
    Artwork by © Frank Morris
    Songwriter - Adam Salim
    From "An Evening With Belafonte/Makeba" (1965)
    Sound recording administered by The Orchard Music-SME
    ___ Malaika is a Swahili song written by Tanzanian Adam Salim in 1945. This song is possibly the most famous of all Swahili love songs in Tanzania, Kenya and the entire East Africa, as well as being one of the most widely known of all Swahili songs in the world. Malaika in this context means "angel" in Swahili, and this word has always been used by the Swahili speakers to refer to a beautiful girl.
    The lyrics of the song differ slightly from version to version; the title itself is subject to variation, such as "Ewe Malaika" or "My Angel".
    precious South African voice of the “Mother Africa” Miriam Makeba, who popularized the song both in and out of Africa.

  • YouTube Premium で広告なしの音楽を楽しみましょう

    My Angel (Malaika)
    アーティスト
    Miriam Makeba

 

 

 

今週の歌⑤The song of this week.

  •  
  • 【マライカ等】⑤Angelique Kidjo & Soweto Gospel Choir - Malaika, Afirika
  • 【浜田隆政コメント】 この歌手(Angélique Kidjo)の完璧なマライカはあったが使用できない。一つは④の画像版とダブルからである。次に、この歌手とマキバの力比べ、競争となる危険からである。そこで⑤は⑥を盛り上げる形のものとした。
     この歌手の完璧版はAfrica特集も長いので、いずれ、どこかで登場するであろう。
     この歌手とは誰かは掲載後に記す。

▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

  • 【YouTube記載項目】

    gipsyplayer85
    チャンネル登録者数 8720人
    From the FIFA World Cup 2010 Opening Concert in South Africa
  •  

 

 

 

今週の歌⑥The song of this week.

  • .
    (日本語のアフリカ地図→)http://yasuragiblog.
    h-takamasa.com/#spb-bookmark-2

  • 【マケバ(Makeba)】
    ⑥Miriam Makeba - Hapo Zamani (Live At The Cape Town Int. Jazz Festival 2006)
  • 【浜田隆政コメント】  ここは芸術としての歌謡コンテンツは避けた。
     長いアパルトヘイト時代を思い出しながら、このコンテンツとした。
     思えば、私の中学・高校時代(1964~1971)はアメリカ公民権運動が…その後にオーストラリアでの人種問題が…、予備校・大学校講師前半時代(1981~88年)はアパルトヘイトが大きな問題となっていた。

  •  ただし、私の頭脳は1990年初頭に病的に機能不全に陥る。もっとも、様々な被害からその前からディスターブ(Disturb: 混乱)状態にあった。多分、フィリピンのアキノ革命の頃で私の脳(特に政経脳)はストップしている。
     完全ストップは1990~93年末頃である。
     マンデラ氏と📺で対面したように思えるが、多分、この間ではなかろうか。当時、漠然と、彼が「君は何もしてくれないではないか」と訴えたような記憶がある。しかし、この頃ならば病的に脳が機能しておらず、それ以前は今記載中の駿台講師時代の激しい挑発とその後の各種妨害で身動きがとれなかった時期である。
     その前にテレビとの対話など思いもしなかった。

  •  後に、マンデラ氏との対話はなかったという暗示も受けたが、対話というよりも、📺からマンデラ氏がそうした目で私を見たような感じを受けただけである。📺との対話など思ってもいなかった頃である。
     完全に近く、意識回復した頃は、もう彼は大統領となっていた。私の意識がなくなる状態以前はまだ彼は獄中だったと思う。(ちなみに、ソ連崩壊も、ドイツの壁崩壊も全くに近く何もしらないし覚えていない。脳の病気とはそうしたものである.
     もっとも、1989年以前のことは結構覚えているのであるが…)

     
  • これらを思い出しながら、最後のコンテンツは今回のものとした。マキバ(Makeba)もいろいろあったであろうと思いながら…。

     この箇所は下記に本日(2021/04/10)正午までには追記掲載する。
     また、今月の歌(2016年2月の歌・南アフリカ共和国の歌特集に当たって)の部分も、同様に4月10日正午までには下記に追加収録予定でいる。ともかく、御対面はマザーテレサと御対面よりも前と思う。当時は「まさか…」であった。金大中氏も同様である。
  • (ここに追記予定)公式ブログ「夢か―2。TVでの対話2・マンデラ」の箇所参照。
    http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=818
  •  
  •  
  • →コンテンツ掲載予定。☟
    総合案内所(←クリック)で順次掲載予定

▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

  • 【YouTube記載項目】

    NdOmbOlhinO
    チャンネル登録者数 13.1万人
  •  
  • 【浜田隆政コメント】今回で、アフリカの国、13か国登場となります。別に第5回世界の歌・Syria改訂再演版で北部アフリカ関係が10か国は登場すると思います。 そこで今回で23か国紹介となります。 第12回ケニア・アフリカ連合特集中に、あと何カ国紹介できるでしょうか。ただし、地理の勉学ではないため、悪まで曲やコンテンツ・プレゼンの質を重視します。  合計30か国以上、可能ならば40か国紹介できればよいのですが。 ともかく、世界は広いということはおわかり頂けたでしょう。同時に欧米のみ見ていると時代遅れとなります。「コンドルは飛んでいく」などには出会えなかったでしょう。
  • 掲載予定で掲載枠の関係で掲載できなかったコンテンツは以下で。5月21日頃までに紹介。↓

 

 

🎶More songs:Click 📷 of the Statue↓

  • 🎶公式HP:今週の歌:像の写真クリック
  • 🕊️Official HP :The songs of this week.

 

 

 


🎼 World Song HP Guidance.

 

 

🎶More and more songs:Click 📷below↓

  • 🎶:World Song Blog (世界の歌ブログ)
    (Not World Song HP →A differnt type HP)

 

 

 

 

 

 




  •  

 

 





 

 

 


 

 

 

  • はてなブックマークに追加