安らぎ文庫・公開

  • (一)このコーナーでは、『恐るべき労基法違反・2010年版』(2016年微修正)を無料で、PDF閲覧及びダウンロード可能とします。
  • (1)ご希望の方は、写真の下側の該当欄のPDFをクリックしてください。無料配布理由は下記(二)4などからである。
  • (2)本の概要→発売中の書籍・『恐るべき労基法違反』をご覧ください。(アンダーラインをクリックでリンク)


  • (二)今回配布するに当たっての注意事項
  • 1・今回は、インタネット経由でPDF版を配布する上で、人名の一部や住所などの一部を略号に変えている。政府機関などへの送付時は、関連機関が調査できるように、全て原則実名で記述していた。しかし、今回は不特定多数の人への配布のため、重要な職に就(つ)いていない人などは略号に置き換えている。
  • 2・誤字脱字類の修正→原則として、よほどひどくない場合は修正・訂正はしていない。当時送付した内容そのものを公開するのが目的だからである。
  • 3・今回の一連の文書は作品ではなく、「救済依頼文書」に該当する。
  • 4・上記のため、誤字・脱字、文の乱れなどの本格修正をしていないことなどから、今回は当面は無料配布を予定している。(後には不明)。
  • 5・肩書きは2011年当時のものである。
  • 6・『恐るべき労基法違反・1999年版』の(小渕恵三首相等への)呼びかけ文は拙著『閉じた窓にも日は昇る・下』に、『同上・2004年版』の(小泉純一郎首相等への)呼びかけ文は拙著『親方日の丸・第一部』に収録している。いずれも、Kindleで発売中、2015年からはKoboでも発売予定でいる。価格は当面はすべて百円である。
  • 7・こうした文書を全政党に送付している以上、またHPや重要文書で「党派中立・宗派中立」と記している以上、一種の公約となっている以上、党派中立・宗派中立を貫く努力をしている。ただし、選挙で誰にいれるかは、党派中立・宗派中立とは無関係である。また親友類の人間としてのつきあいも無関係である。
  • 8・配布に当たって。『恐るべき労基法違反』は、該当機関、政府関係機関、全主要政党、弁護士などの司法関係者、マスコミに既に送付している。しかし、公開してはならないとか、文書に問題があるなどのクレームがついていないため、公開に当たって問題はないと考えている

 

 


 

 

  • ミス記述の修正
  • 第1章第二節【参考―7】 (15ページ)通常試験1本分を5本で約50万円→100万円くらい
    第1章第二節【参考―11】(21ページ)96/2/27貯蓄額1,115,4000→1,115,400
  • 呼びかけ文、第2章第五節。所得税法266条違反よりも、主として所得税法231条違反、同242条抵触:ただし97年は実質的に同法266条違反も



【目次】二〇一〇年版のページ番号。二〇一六年微修正版は終了後にページなど変更し再配布予定

目次:……………… 2
序章:概況(全体の流れ)……………… 3

第1章:ポリテクカレッジ岡山一本化迄 ………………7
 一節:短大一本化迄の健康概況(1982~87年末迄) ………………7
 二節:専任詐欺被害の件 ………………13

第2章:完全病的無気力期(1989末吐血への経過~1993年大吐血迄) ………………28
 一節:1989年吐血迄の経過 ………………28
 二節:何故、私の頭脳が停止し生きる屍となったか ………………39
 三節:何故このような問題が生じたか
    ――学校責任の問題:学生を駄目にした権益主義と親方日の丸体質について………………47
 四節:労基法2条2項違反による大吐血の苦しみ ………………51
 五節:岡短の労基法違反構造分析 ………………59
    ――親方日の丸型労基法違反の事例分析(岡短労基法違反実証作業)

第3章:精神疲弊期(1995年3月以降) ………………67
 一節:1995年3月6日――再度の労基法2条2項違反の一撃 ………………68
 二節:94年から辞職迄の労基法違反と不法行為 ………………76
 三節:精神の疲弊から死の危険への遭遇 ………………78
 四節:97年度諸事件と岡短辞職への医師の勧告 ………………82
 五節:労基法違犯被害後遺症症候群(PTSD) ………………96
 六節:病気に関する岡短外要因の検討 ………………114

第4章:交渉について ………………119
 一節:賠償交渉に対する私の再度の提案(★重要)………………119
 二節:岡短との交渉に至るいきさつ………………124
 三節:短大不当交渉の問題点………………127
 四節:あるべき交渉の姿………………141
 五節:日本の人権救済の限界について………………146

第5章:闇の中の労働契約――大労基法違反か計画的詐欺か………………153
 一節:労働条件明示違反――闇の労働条件………………153
 二節:交通費問題……………156
 三節:テキスト問題………………160
 四節:計画的詐欺か計画的強制貢ぎ労働か………………165
 五節:現代労働哀史………………176
 補節:追記事項……………178
 

☆附属資料目次 ………………185
 資料-1: 写真で見る健康状態の推移(24歳~55歳迄の写真で見る健康状態) →今回省略
 資料-2: 病気全体の流れの概略図………………付録資料―2に収録
 資料-3: 実際の日記及び覚書のコピー………………186
       A:1995年3月6日労基法違反後の頭の痺れ(頭の痺れ開始日の日記)
       B:文章書き抑制不可能現象の一例(労基法違反症候群の実例)
 資料-4: 97年11月暴力学生事件………………190
       学生配布プリント「岡山短大の名誉を守るために」 →PDF以外にも次ページで公開(アンダーラインをクリック)
 資料-5: 岡短労基法違反・専任確約被害・強制貢ぎ被害額(推計値)………………194


※(2016年6月27日追記)ページは全ページのPDF作成後に変化するかもしれない。その場合には再度、この箇所をPDFで再配布する。また、附属資料は今回一部は省き公開しない。