求め続けて(7)駿台事件と岡山の予備校&Philippines友人の比較分析から:メモ段階

このエントリーをはてなブックマークに追加

『求め続けて』第3部補章―3「岡短」での授業破壊活動被害と各種工作事件―

(7)・駿台事件とポリテクカレッジ岡山(能開大)との関連性


2023/09/20 0:13からメモ開始。3:31本日分打ち切り。2023/09/20 15:47 写真のみ追加。

2023/10/28 3:42 大幅修正。2023/10/28 12:05 前書きを追記。

上記の頃にこの原稿のメモを書いたと推定される。

2023/12/24 23:37 から徐々に記述再開予定。2023/12/25 5:03まで下書き掲載


 

 

構成】
《◇―序・授業の場を奪われ、生きる権利を剥奪されたポリテクカレッジ岡山時代》
《◇―1:駿台辞職とポリテクカレッジ岡山及び勤務校での全ての豹変》
《◇―2・体当たり人物は学生Sの名を語った偽者の証明》🆕
  ―今回新証拠を提出。

《◇―3・未曾有の大流血事件を強制的に回避された話》🆕
《◇―4・精神破壊へのポリテクカレッジ岡山の波状攻撃》
《◇―5・私が英語ができるか―…であることが専任詐欺にあった証拠》下書き

《◇―6・語学論と私の歩み―…日本語・英語大恥連続と早大院時代の修論の屈辱》記載前

《◇―7・駿台事件との関連性と差別》メモ
  ―私が終始一貫して臨む物―民主主義に基づく裁判での解決―

 


 

 

駿台講師時代、ポリテクカレッジ岡山時代、岡山の予備校…とほぼ全てにおいて二部構造となっていた。

構成要素は、(A)映画節グループ、(B)CM目的グループである。

(B)については、ベネッセ、ベスト電器、Nikon…の例や、世界遺産請負人の例を思い出せばわかろう。

(A)については、もはや疑う余地はない。

通所はこの二部構造であるが、駿台は三部構造となっていた可能性がある。

あと一つ、謎のXグループが絡まったとしか分析できない。

というのは、駿台時代に🚺に手紙程度の問題ならば、🚺が駿台を去り、私が駿台を去った後で、駿台を匂わすグループが関与することはないからである。

なお、この箇所は駿台講師時代ではなく、ポリテクカレッジ岡山時代なのであるが、駿台時代抜きでは語られない部部があるため、駿台時代も絡めて記載している。

ポリテクカレッジ岡山の労基法違反・専任詐欺問題、契約違反、更には催眠類悪用での貢ぎ労働、強制労働被害などが加わる。

ポリテクカレッジ岡山は特殊法人・独立行政法人が運営していたが、労働省所管の大学校である。

あれだけの犯罪を犯していれば、通常ならば、金銭の額を除けば交渉は何度も行われているはずである。

所が、責任問題となると、ポリテクカレッジ岡山は何故かその責任を駿台の方に回そうとしている。

当初は、意味が分からなかった。

ポリテクカレッジ岡山辞職後から長期にわたり、その意味を、駿台辞職後に、駿台に絡んだ輩が、私に危害を加えているのかと思っていた。だが、駿台に絡んだ輩はXグループであり、すんだいとは関係があるまい。

同時に、ポリテクカレッジ岡山での被害にXグループや駿台に関係している人間が絡んでいても、ポリテクカレッジ岡山の職場での職務に関する被害のため、責任はポリテクカレッジ岡山にあるはずである。現時点でもそう考えているが、Xグループ以外にもう一つの要因があったことを最近疑っている。

簡単に言えば、ポリテクカレッジ岡山の仕事に私が就いた背景には駿台経営陣も関与していた疑惑である。

目的は、駿台の教壇にたって即かもしくは駿台の教壇に立つ前から、私の放逐計画があっ疑惑である。

その際に、駿台の責任にならないようにするため、ポリテクカレッジ岡山の教壇に立つのを駿台も関与した疑惑である。

要するに、駿台が本命ではなく、ポリテクカレッジ岡山が本命…として駿台の将来の責任逃れをする計画が立てられていた疑惑である。

この疑惑は三つの方面から生じてきた。

一つは論理である。責任逃れのための論理である。要するに、駿台も私にいつか賠償をするようになるかもしれないが、いつ失利益などに絡まぬようにするためには、駿台の教壇はあくまで専任ではなく、非常勤講師であったとするためである。いつ失利益に絡めて計算する場合には、数十年にわたるとなると、賠償額が、専任待遇と非常勤講師待遇では金額が大きく異なってくる。

二つ目は、ポリテクカレッジ岡山での専任なる話の経緯と、後に登場した岡山中学・高校の専任になる話が余りに符号しており、ポリテクカレッジ岡山も上記の手口で逸失利益型賠償額を選らす工作をしていた疑惑である。

三つ目は、ポリテクカレッジ岡山の教壇にたつや、即、ヤマザキ強調が随所でされたことである。当時の駿台の理事長が山崎晴之氏であった。

更に、四つ目も付け加えれるかもしれない。1983年という年次である。この年にありとあらゆる仕掛けがなされるのである。

それでは、この1983年度を軸にして仮説を物語り風に記載する。

1981年4月に東京から岡山に戻る。そして、真備高校の非常勤講師となる。その年のおわりに、駿台甲府高校の採用試験を受ける。合格であった。当然、私は駿台甲府高校の採用試験を受けたのだから、駿台甲府高校の教師となるものだとばかり思っていた。一次試験が一般教養と専門の試験であり、二次試験が模擬授業であった。両方とも合格した。競争率は50倍近いという噂もきいた。関西地区での社会科公募採用は私が初めてということを誰かに聞いた覚えもある。50倍とは、私が受ける前年度の同志社大学大学院法学研究科一次募集時の合格率と似ていた数値である。(資料1)

 

ところが三次試験という形であったが、事実上、最後の打ち合わせ面接に行くと、予備校の教壇という話であった。ただし、今すぐは無理であるが、後に駿台甲府高校への異動も可能ときいた。更に、専任問題もなれる可能性は高いと聞いた。遠慮なく言えば、私の場合にはなれる可能性がたかいという雰囲気の返答であった。公募第一号合格ということだろうか。

こうして、1982年度から駿台の教壇にたつ。最初の頃は、いくら映画悦でも、箸にも棒にもかからねば駿台におくことはできない可能性が高いため様子見をしていたかもしれない。1982年の半ば頃から、めどが立つとよんだのか、幾つかの準備を開始したようである。

一番目は、話題提供用に私に絡ます女性群の決定である。私に絡めた講師室係の女性、西山美千代、横家幸子、後藤、たけうちの四人組は全員1982年の採用試験のはずである。そして全員1983年度に入社してくる。こうして、私に絡めてる目的で、その使命のもとに四人を採用したようである。それらの証拠類は後で記す。逆に言えば、この四人以外の駿台職員女性は絶対に私に絡めないし、その危険があれば排除するという徹底ぶりであったことが後に判明する。

次に、駿台から放逐した場合の責任逃れ用の工作をする。もう、この時点で、私の駿台からの放逐のシナリオはあったとしか分析できない。西山という女性に手紙を出すところか、関心もない頃の話である。一方的に追放した場合に、駿台の責任問題が問われた場合、その賠償額は私が専任とかそれに準ずる立場であると、逸質利益型で計算すると大変な額となる。そこで、最悪時でも非常勤講師待遇で逸失利益を計算する魂胆をしたように思われる。逸失利益型とは35才で放逐して、その後仕事ができないような形になった場合には、75才までは鱈蹴ると計算すると40年間の賠償となる。その40年を専任の給料で計算するか、非常勤講師の給料でするかでは天地の差がでてくる。

そこで、駿台はあくまで非常勤講師であり、専任の件は白紙とするいいわけが必要であった。

その計算から、ポリテクカレッジ岡山の教壇を準備したのは実は駿台の経営者の一部ではないかという疑惑である。そして、1982年後半に、ポリテクカレッジ岡山から私への招聘がある。当初は非常勤講師ということなので、断りに言った。それを知っていたのか、当時のポリテクカレッジ岡山開設準備室長…が「いえ、非常勤講師ではありません。先生には選任でおねがいしたい」と言ってきた謎がとける。私への招聘は、「法学」と「経済学」であった。私は何度も記すが社会科の教師である。真備高校でも社会科担当である。教員免許も社会かである。駿台でも社会科の政治経済で教壇に立っている。ところが、意表をついて「専任になるには授業時間数がたりないので、英語も担当できないですか」と言ってきた。晴天の霹靂であった。

大学や高校の英語の教師になりたい人間は当時は山ほどいた。安価な賃金でも、労働省系大学校の英語講師ならばくる人はいたであろう。特に、女性ならば。女性蔑視ではないが、旦那さんが働いていて、家にこもっている人材などはくる可能性が高い。実際に、1987年の森脇課長などは、「君、専任なれる訳がないだろう」とか、「英語講師のなりては多数いる」などをほのめかしていた。前者の「専任なれる訳がないだろう」はほのめかすのではなく明言した。要するに、専任にする貴はなく、最初から詐欺をやった疑惑もある。

そこで、駿台と同じ責任逃れ型で、今度は、岡山中学・高校の桐山校長に同じ形の依頼をしたのではなかろうか。全く同じ形の専任問題が二度連続で起こる確率は高くない。

こうして、1982年内に、駿台講師質で絡める女性、駿台放逐しても専任問題が生じぬように、ポリテクカレッジ岡山に手を回し、いずれも1983年度から開始となる。女性四人組が駿台に入社したのも1983年4月(西山、後藤、たけうちは間違いなく1983年度、横家も1983年度と思うが、彼女の存在は私は1984年9月まで覚えていないのである)、そしてポリテクカレッジ岡山の教壇に立つのも1983年度である。ちなみに、平野真理先生が私の目の前に登場してきたのも1983年度である。私とは友好であった、福崎五郎君が登場してきたのも1983年度であった。福崎君は何の関係もないのだが参考記述である。なお、駿台の1981年度公募試験の倍率が50倍とは福崎君がYouTubeで先日言っていた。というのも、彼は1981年度の採用試験で合格したが、駿台の教壇に立ったのは1983年度と言っていたからである。

福崎君は二枚目であり、理知的な教師であった。そこで、私は後によくぼやいていた。「福崎五郎君は二枚目で、人気もあり、…である。どうして、女性陣は福崎君にいかないのか。どうして私の方ばかりに…」と愚痴っていた(福崎君には面と向かっていっていないが、私は本当に当時何度も思ったことがあった)。駿台講師時代の話である。平野先生はその前から駿台にいたと聞いたが、私が教壇にたった1982年度は産休で休みだったそうである。こうして、1983年丼準備万端となるのである。なお、関学時代のお嬢2号が岡山市の一軒屋を借りたのも、1983年度ではないかと思う。今資料を探したがでてこない。後日調べてみるが。なお、07:30NHK特集 「パパ行ってらっしゃい」という番組に、私の東京時代の家庭教師をしたこどもがテレビに登場したので、お嬢2号に、私の教え子がテレビに出ていると電話をしたのを覚えている。中村メイコが司会であり、彼女も登場した。蒲田さんと言う。東京で教えていた(大変かわいがっていた)女の子と、週に一度合同(1対2)で教えていたことがある。NHKの番組表には「1984年3月19日  総合  番組表」とある。こうして1984年度の幕が開く。(なお、女の子回想№◎で登場する子が二度目か三度目に別人になっていたと後に思ったとしるしたが、私は数年後にこの子が入れ替わったかと思ったが、🎃オジョウはいやあれは私が化けたとほのめかしている)

この時点で、私の駿台からの放逐も、ポリテクカレッジ岡山からの放逐も決定していたと推測される。その理由は後で述べよう。

なお、私にポリテクカレッジ岡山の話をもってきたのは嶋坂先生である。彼の父は京都外大の学長をしていたそうである。彼も奈良女子大、甲南大学などで教壇に立っていたが、中心は京都外大の教授が本職だったようである。嶋坂先生は私よりも20才ほど年上であったが、相棒のような形でお付き合いをしていた。今考えれば、映画説グループから依頼されての演技であったのであろう。もっとも、京都に園のある人であり、駿台関係者からかもしれない。

彼は、私の駿台のライバルと言われていた前田先生(別名杜先生ほか)と似ていた。嶋坂先生(別名伊沢先生)も名前をいくつも持っていたからである。

こうして、1983年度に全てがそろい、1984年度から攻撃開始となる。1984年度どころか、1982年採用時から、私がいつ駿台を放逐されるかは決まっていたと分析される。同様に、ポリテクカレッジ岡山でも、私の放逐は採用前から決まっていたようである。1984年1月頃に催眠での強引な西山熱、もう抵抗し粘る。更に1984年前に(催眠での)西山熱

、それも拒否して見合いをする。それが例の池田動物園に行った女性である。だが、シナリオ上、西山に熱をあげ、何らかの行動(まず最初から手紙を出すというシナリオがあったと分析される)とるように、催眠攻撃であった。詳細は駿台深層編で語ろう。ついに力尽き、1984年度9月に西山美千代に手紙を手渡す。この直後に後藤と横家の❓演技と続く。横家なる女性は西山に手紙をだし、彼女らが何があったか演技を開始するまで、名前も顔もしらないか・少なくとも覚えていなかった女性である。この後は駿台深層編で亜語ろう。

こうして1984年度後半に入る。ここで🛵おじょうが登場する。彼女が登場する直前に京都行きの新幹線で🌈を見た。鳥取でのデート時も🌈を見た。そこで🌈で表現することがある。なお、先の池田動物園をもじって登場した、訪米の際の添乗員池田さんといるときも、レイクパウエルで🌈がでた。本題に戻れば、この頃に、岡山中学・高校校長桐山先生から、ポリテクカレッジ岡山と同じ手口で岡山中学での専任教師のさそいがある。「おまえ、絶対に来るな。専任での仕事は来年春からだ」と。教科は何か。これまたポリテクカレッジ岡山とそっくりであった。「国語だ。しばらくは仮免で国語の教師をしろ。そのうちに社会科にまわす」と。ちなみに、私は行く気はなかったが、ここでポリテクカレッジ岡山の専任の確認をすることにした。ポリテクカレッジ岡山の責任者◎◎は延々と引き留めをした。(専任はまず大丈夫です」とか「賃金は安いかしれないが、福利厚生が重質しているし、年金は厚生年金です」とか、「今は中曽根行財政改革の真っ最中ですので、しばらくは無理だが、かならず…」「専任にするための最大限の努力はする」「()採用の際の試験に関して聞くと「浜田先生の場合には受けるだけで合格します。受けるだけでよいんです」とかとか)だが、私が岡山中学に行く気があまりないのに気づき、最後は「君の一生の問題だから、行くなということはできない」と逃げてをうった。こえが岡山中学の役割であっと分析をしている。この手口は駿台がポリテクカレッジ岡山をつかってやった可能性がある手口である。うがって考えると、駿台経営陣が、1982年度に全て考えた手口ではなかろうかと思う始末である。

ちなみに、専任で教壇の誘いがあった1985年度春になっても、岡山中学に返事をしなかった。もちろん、私は行くとは一言もいっていなかった。桐山校長が勝手に「おまえ絶対にくるな」と言ったが、私は行くとは一言もいっていなかったはずである。すると、困ると考えた如く、4月か、3月末頃、進研予備校に行くと、なんと、その桐山校長が岡山中学・高校の校長を辞めて進研予備校の校長になったとでてきた。そして、「君には悪いことをした」と一方的に謝罪をしてこられた。私が、「連絡をせずにすみません」と言う直前に先手をうたれた。こうして奇妙な一連の流れがつくられていた。私は、当時は、仕事は駿台の方が面白いが、牧歌的で安定しているポリテクカレッジ岡山の専任と決定していた。そこで、いつ岡山中学に断りをいれるかでいやな思いから断りの返事がのびのびとなっていた矢先の話である。少しおかしいどころか、大いにおかしい話である。

これが1984年のである。

1985年度には計画的な放逐が遂行開始となる。ここまでは、駿台のCMと映画説の競合である。登場人物も二群からなっていた。

🛵おじょうと駿台の藤村先生(国語)は映画説グループと思う。また先の嶋坂先生も映画節グループと思う。

他方、駿台講師質係四人組は駿台CMグループと思う。Xグループではなかろう。化学の北山一氏などは駿台CMグループの可能性が高い。西山は西山ファーム事件の話を駿台深層編でするが、駿台CMグループと思う。

ここまではXグループはいたのかどうか不明である。

1985年度には後藤と横家を絡める計画があったと分析される。そのためには🛵おじょうがいたならば不可能である。写真をみれば分かるが、容姿のみならば後者を選ぶ人も多かろう。そこで、映画説グループの指示で🛵おじょうが自分で潰す演技をすることになる。事実上最後のデートは京都の愛宕山である。私がよいくい美作市長福寺の三重塔裏側の山も愛宕山である。関学行きがけにも愛宕山という地名がある。お嬢1号のいる久美浜にも愛宕山がある。横家・後藤・西山の話は駿台深層編でしよう。

本題にはいる。こうして大阪校に異動すると、今度は業務妨害の被害のオンパレードとなる。そして、駿台外の拉致未遂被害を受けて、内容証明を出し、首をかけて調査を要求したが、の賃意言うデマでやめることになる。すくなくともあのデマ(関西地区最高責任者大滝部長の「先生、三年たったならばもどってきてください。駿台は門戸をおおきくあけてまっています」)で訴訟もやめた。だが三年目にすんだ異教徒校に打診にいくと門前払いであった。だが、その直前から意識の後退期にはいっており、もはや訴訟云々は不可能となっていた。

問題はここからである。私は駿台を辞めた。すると、もう業務妨害はやむはずである。しかも、三年後…の言明があり、訴訟は断念しているため、もうあらゆる妨害はやむはずである。dが、今度はポリテクカレッジ岡山が激変してくる。同時にアルバイト学生か、偽学生が横行してくる。そして労基法違反・契約違反のオンパレードとなる。

恰も、駿台を匂わす誰かがしかけたと言わんばかりに。

だが、もう駿台CMにはならない。そこで、駿台CMグループにはもう動機はない。ポリテクカレッジ岡山CMグループには動機はあるが、大義名分がなりたたない。すると、論理上、駿台のどおかで、絡んだXグループがでてくるのである。このXグループは、未だに特定できていない。ただし、駿台経営陣(駿台CM群)は最初から計算していたようである。おそらく映画説群も同様である。

その根拠は本年(2023年)3月に姫路にいかされて分かった。随所に書いている、夢遊病状態で目に入ったのが百十四銀行と播州信用金庫である、と。

1983年度入社京都校講師室係女性名を再度だせば、西山・横家・後藤・たけうちである。西山・横家・後藤の使命はわかった。たけうちは?彼女はしきりに、百十四銀行を強調していた女性であった。「父が…」と。

百十四銀行=金融機関=播州信用金庫=Z家(浜田稔・正典家)内にあった皆木家の小父さん(金融機関の宿直)を示唆する役目だったようである。

2009年、祖父の土地問題でもめにもめたことがあった。当時の担当者は「竹内」と「ミナギ」といった。たけうちの役目はミナギ家の暗示役だった可能性が高い。

要するに、人間違いでXグループを絡めるというシナリオに駿台CM群も協力したようである。

ちなみに、横家とは「横」の家である。我が家の横はZ家である。そして、横家とZ3は同一大学出身である。これが横家採用の理由と思われる。もう一つは格闘技…から、🤡が格闘技好きなので選んだそうである。これは、最近、種明かしをされた。千葉真一もんかのし…という女性をだして種明かしをされた。更に妹さんが岡大…で私と何度も遭遇というできすぎた話もあった。それらは駿台深層編で記そう。

要するに、駿台CM陣が、駿台CMのために、映画悦グループの脚本に従い、Xグループを罠にかけたようである。同時に、その証拠を残しやすいように、講師室係を採用したようである。

こうして、ポリテクカレッジ岡山でも駿台と類似構造が構築される。

すなわち、映画説グループ、ポリテクカレッジCMグループ、Xグループの絡み合い構造である。

そこで、ポリテクカレッジ岡山辞職後も、ポリテクカレッジ岡山CMグループは去っても、映画悦グループとXグループが残ったのであろう。

何故、駿台CMグループが証拠を残したのか。当然、私が種明かしを自分でするように、と。そうすれば話題提供になる、と。謎解きを10年近くかけてやらせれば10年近く読者はあきないいと。ポリテクカレッジ岡山が労基法違反の証拠を山ほど残したのも類似の目的からと分析される。

 

こうして、ポリテクカレッジ岡山でも授業などはできなくされていった。私が授業をきっちりと…は1~2年は視聴者があきないが、それ以上となると視聴者があきるではないか、…のようであった。

後、残っている大きな謎は、西山という女性手紙を手渡し、断られて「お世話がせしてすみません」と一礼をすると、何故、40年近くもめるのかという謎である。どういう論理なのであろうか。この謎が全く解明できないのである。ここだけがまだ解明できていない。

またXグループの動機も完全には解明できていない。Xグループが人間違いをしたか、させられたということだけが解明できただけである。

駿台事件の方は駿台深層編で、過去の話を別の角度から全て解説をしよう。

 

志穂美悦子

 

 

 

 

大学時代までの結婚観は、「結婚は早ければ早いほどよい。煩悩から逃れ、勉学・仕事・運動にうちこめる。だから学生結婚でもよい」であった。
そうすれば、家で早朝運動、仕事、帰宅後に運動と勉学、その繰り返しのみの一生となる。具体的には、早朝基礎運動、自転車で学校にゆき教師としての仕事、帰宅前に温水プールで軽く泳ぎ、帰宅するや、即教材研究…だけの日々である。

これでは映画説ならば、映画はお陀仏(だぶつ)である。そこで各種細工、ところがそれでも無理ならば催眠(🥴)類が多投入される。無茶(むちゃ)である。

【👧回想】―6・(大学5)[№227]:関学時代5・🔏を握る👧登場

http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1465/

 

求め続けて(7)駿台事件と岡山の予備校&Philippines友人の比較分析から:メモ段階

2023/10/03 22:05メモの一部記載

 

b5317840d46d9c8b4689c03f150bdcde

 

 

23-268-4【#駿台 事件】と写真。先日以下の写真を処理←これは公式HP・駿台本質にも記載
①おじょう🛵🚺の写真
②#駿台 事件🚺横家と後藤 の写真
③🇵🇭Philippinesの友人🚺マリーサとイルマ の写真
④岡山の予備校🚺滝沢と吉田 の写真
①~④は同じ構造で、同じことが1984~86年の間に起こった。
だが後が全部違う。その謎の解明のため、

 

 

 

 

 

 

※著作権は🤡私、肖像件問題で非公開としているが、絵風に加工すれば公開可能か。
何故公開するか。デマ粉砕のため。
①~④は全部同じ構造で同じ現象も、後が全く違う。何故、駿台だけを強制回顧かの解明のため。
また、駿台女性🚺美人神話を砕くため。①~④は最低でも全く同一で。

公開すれば容姿…は②(駿台)より①(🛵)が良いと思う人が多いかもしれない。
最低でも互角で。
性格は②不明。①は何度もデート。
実際に②横家・後藤は催眠熱ですらまだであり、岡田課長(駿台京都校2号館)への見合い斡旋依頼も迷い中でのドタバタ劇であった。すると、①🛵から②に行く必要性は皆無となる。
当然、②横家・後藤は登場不可能。そこで①が自分で1985年2月中盤以降に潰れる演技をした。
🛵よ、そろそろ白状せよ。もう全てばれている。楽になりましょう。

ともかく、①(🛵)がいれば、②(駿台)の話題すら提供できず。駿台は何のために②横家、後藤を雇ったかとなる。
そこで、映画関係者🤝駿台経営陣:
映画関係者が①(🛵)へ指示、駿台関係者が②(西山・横家・後藤・武内)へ指示が写真からも判明可能となる。
後日、駿台事件全貌編で🖊記載予定も📸写真を掲載できれば、言葉よりも早い可能性がある。
謀略で容姿は①<②と人が勘違いしているだけ。写真公開でこの勘違いがとける。公開時は絵風で肖像件に触れぬ配慮はするため、今、コミック型絵風で本気で掲載を検討している。

又②+西山美千代🆚④の比較→何故辞職後は④については後に誰も聞かぬのか。同じ状況で。
④は聞かずに②(駿台)ばかり聞くのか、の謎。催眠で②(駿台)のみ。何故、何故、何故。
④の吉田は本田美奈子似で現代若者には②(駿台)以上で。
滝沢は西山などよりも、男性に好かれやすいタイプで。
🤡は②(駿台)④(岡山)は性格上全部合わぬと思ったが催眠熱で🤷(おてあげ)が事実。
(🤡の父の師範1年後輩で父の知り合い)福武哲彦(創始者)→④に指示で彼女らが演技。

③(Philippines)は何故揉(も)めなかったか。③は本当の美人で。
美人という範疇(カテゴリー)ではアイドル並みで。多分本当にアイドルでは?
だが終始ともに友好であった。一時揉める危険があったが事情解説手紙で完全回避。では駿台は?
とりあえず③だけでも掲載するか。すると②(駿台)の美人神話が一気に崩れる。嘘ばかり。
性格が重要。然り。②(駿台)は全くどんな人か知らぬ。多分相手も🤡のことは知らぬ。

②③④いずれも同一現象であった→①も含め誰か一人が全貌を喋れば①~④全貌解明可能となる

ただし、駿台事件の本質は🚺女性問題では一切ない。
🎬🎦でのCM等の利権と人間違いの融合にある。

85-003-14A-f:Philippinesの友人女性←本当に単なる友人:駿台事件の頃=彼女にも相談したわな

2023年10月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : TAKAMASA HAMADA