第三回世界の歌・🇮🇹イタリア改訂版・全体

第三回世界の歌・🇮🇹イタリア改訂版・全体

Italyの国旗

全体のガイド(パンフ)PDF下の赤字をクリック。

第3回世界の歌・イタリア改訂版・The third world song revised version―Italy exhibition HP. :Guide PDF

  • 🎶🎷 🎸🎹 🎺ト 🎻 🥁 🎤 👨‍🎤👩‍

    🎼第3回世界の歌拡大再演:イタリア (Italy) 

    🎼The third world song Mexico : Grand exhibition HP

  • ①世界の歌:第一会場(🕊️公式HP)

  • リンク☞http://takahama-chan.sakura.ne.jp/

  • ②世界の歌へ第二会場(📖安らぎ文庫HP)

  • リンク☞http://h-takamasa.com/

  • 🎼第3回世界の歌ポスター:

【日程】開催期期間は10月19日~2022年1月18日迄

Part-7を追加しての延期によるもの。

○https://twitter.com/Takamasa_Hamada/status/1449581517970153473?s=20

○https://twitter.com/yasuragitaka1/status/1449597951685263361?s=20

 


  • 第3回世界の歌改訂・イタリア

  • (A)→主として🕊️公式HPで掲載予定

  • (1):『オー・ソレ・ミオ』(ナポリ語: ‘O sole mio、私の太陽)

      →イタリアのカンツォーネ(ナポリ民謡)。ジョヴァンニ・カプッロ(イタリア語版、英語版)作詞、エドゥアルド・ディ・カプア、アルフレード・マッツッキ (Alfredo Mazzucchi 1878-1972)[1]作曲。1898年作詞・作曲

  • (2)②Madame Butterfly. (蝶々夫人)

  •  →ジャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニ(伊: Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini、1858年12月22日 – 1924年11月29日)は、イタリアの作曲家。その作品である『トスカ』、『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』などのオペラは今日でも上演の機会が多いことで知られる。イタリアのルッカに生まれ、ベルギーのブリュッセルで没した。
  • →『蝶々夫人』(ちょうちょうふじん、伊: Madama Butterfly, マダマ・バタフライ)とは、プッチーニによって作曲された2幕もののオペラである。いわゆるプッチーニの「ご当地三部作」(あとの2作は「西部の娘」、「トゥーランドット」)[要出典]の最初の作品である。長崎を舞台に、没落藩士令嬢の蝶々さんとアメリカ海軍士官ピンカートンとの恋愛の悲劇を描く。物語は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアの弁護士ジョン・ルーサー・ロングが1898年にアメリカのセンチュリー・マガジン1月号に発表した短編小説(Madame Butterfly)」を原作にアメリカの劇作家デーヴィッド・ベラスコが制作した戯曲を歌劇台本化したものである。1904年2月17日、ミラノのスカラ座で初演されたそれは大失敗だったが、同年5月28日ブレシアで上演された改訂版の成功以来、標準的なレパートリー作品となっている。

    色彩的な管弦楽と旋律豊かな声楽部が調和した名作で、日本が舞台ということもあり、プッチーニの作品の中では特に日本人になじみ易い作品である。特に第2幕のアリア「ある晴れた日に」は非常に有名である。反面蝶々役の歌手にとっては終始出ずっぱり・歌のパートも長く多い(第二主役であるピンカートンの数倍に及ぶ)ため、また若く愛らしい娘の役であるにも拘らず、プッチーニのソプラノ諸役の中でも特にテッシトゥーラが低く、中低音域に重点を置いた歌唱が求められるため「ソプラノ殺し」の作品とも言われる。(Wikipediaより)

  • (B)→主として、📖安らぎ文庫HPで掲載。

  • 【(世界の歌で登場予定の)有名な作曲家一覧】
  • (3)O mio babbino caro「私のお父さん」
    (わたしのおとうさん、イタリア語: O mio babbino caro)は、ジャコモ・プッチーニが作曲し、ジョヴァッキーノ・フォルツァーノがリブレット(オペラ台本)を書いた1918年初演のオペラ『ジャンニ・スキッキ』の中で、ソプラノが歌うアリア。比較的短いアリアであるため、アリエッタ (arietta) として言及されることもある(Wikipedia)
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%88%B6%E3%81%95%E3%82%93
  • (4)④四季:(Le quattro stagioni:The Four Seasons)
    アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678年3月4日 – 1741年7月28日)は、ヴェネツィア出身のバロック音楽後期の著名な作曲家の一人、ヴァイオリニスト、ピエタ院の音楽教師、カトリック教会の司祭。興行師、劇場支配人でもあった。多数の協奏曲の他、室内楽、オペラ、宗教音楽等を作曲。現代ではヴァイオリン協奏曲『四季』の作曲者として広く知られている。(Wikipediaより)
  • (C)→🕊️公式HPと📖安らぎ文庫HPで共通掲載。

  • →イタリア生まれの民謡、民謡の域に達したイタリアの歌、また最近のイタリアの歌などを紹介します。詳細な曲は10/17頃に記載します

    ①【民謡】)→ Santa Lucia、、Tarantella Napoletan

    ②【オペラ】→Aida、、Torna a Surriento、La Traviata(椿姫)、Nessun Dorma”

    ③【イタリアのクラシック】→アントニオ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi)他

    ④【イタリアの】→Ennio Morricone(帰れソレントへ)、他は当日まで非公開

    ⑤【その他】→当日公開

  • (D)声楽家

  • ①ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti)

  • Luciano Pavarotti

  • ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日 – 2007年9月6日)は、イタリアのオペラ歌手。声域はテノール。
    「神に祝福された声」「キング・オブ・ハイC(二点ハの王者)」「イタリアの国宝」と評された豊麗な美声、申し分ない声量、明晰な発音、輝かしい高音が魅力の、20世紀後半を代表するオペラ歌手の1人。
    プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと共に三大テノールとしても知られる(3人の中でパヴァロッティが最年長)。(解説はWikipedia、下記リンク。写真はレコード会社[keep.co.jp]のCM版から)
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%A2%E3%83%BC%
    E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AD%E3%83%83%
    E3%83%86%E3%82%A3
  • マリア・カラス(Maria Callas)

  • MariaCallas-Wikipedia

  • マリア・カラス(Maria Callas, ギリシア語: Μαρία Κάλλας, 1923年12月2日 – 1977年9月16日)は、ギリシャ系アメリカ人のソプラノ歌手。ニューヨークで生まれパリで没し、20世紀最高のソプラノ歌手とまで言われた。特にルチア(ランメルモールのルチア)、ノルマ、ヴィオレッタ(椿姫)、トスカなどの歌唱は、技術もさることながら役の内面に深く踏み込んだ表現で際立っており、多くの聴衆を魅了すると共にその後の歌手にも強い影響を及ぼした。(Wikipediaから。写真クリックでWikipediaへ)
  • (E)その他

  • イタリア周辺の地図
  • イラストAC社さんから拝借(無料と明記あり)
  • イタリヤの地図

  • ZenTech社から拝借。同社 へメール:info1★travel-zentech.jp
  • Map_of_Italy_and_neighboring_countries

  • 外務省「地域別インデックス(欧州)」より抜粋。掲載箇所アドレスは以下。
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/europe.html
    なお、地図クリックで、地図の引用元「Illust AC」にリンク解説にリンク