第23回私文書公開:NOUSAI宛:火災保険関連で、我が家住所無断使用について 2022/02/12送付:2/13公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

第23回私文書公開:NOUSAI宛:火災保険関連で、我が家住所無断使用について 2022/02/12送付。2022/02/13 公開


この文書は、NOUSAI  に送付したものを、人名など個人情報だけを記号に置き換えたものである。

下記トラブルブログと同一内容である。


T22-01:火災保険関連で、我が家住所無断使用被害について。

http://yasuragiblog.h-takamasa.com/?p=41555

 


2022/02/13 20:13 掲載。

 


前略
同封の書類を私の机の上で2022/02/10 22:24見つけました。
以前こうした書類は見た覚えがなく、誰かが我が家へ忍び込み、私の机の上においた疑惑が高いです。

詳細は私のHP(2022/02/10日程表)を参照。
http://hamatakachan.uh-oh.jp/?news=35446

結論
(1)貴社の社員と名乗る女性が2021年12月7日に我が家へ来られ、浜田Z3様のお宅ですか、と言われました。その際、きっちりと浜田Z3家は(登記簿)ID●4■-5の家であり、我が家に住んだことは一度もないこと及び、我が家の住所(ID●4●)使用禁止を通告していることを言いました。

(2)同時に、浜田Z3氏に我が家の住所を使用しないように言っておいてほしいと伝言しております。
我が家が燃えた場合には、我が家の火災保険では全額でないでしょう。更に、屋内にある膨大な文献(六段本立て換算50個、世界的に絶版の本もあり、[売値ではなく]購入価格は千万円以上か数千万円)などは一円も補償されません。そこで我が家は防災の努力に必死です。
私個人では、我が家界隈で物に火をつけたことは一切ないのも、こうした問題もあるからです。
他方、浜田Z3氏が我が家に保険をかけられますと、我が家が火災となれば、Z3氏は一切のダメージなしで、対象額全額が懐に入るとなります。放火の疑惑がある場合にはZ3氏が一番に疑われるでしょう。それは誰にとってもよくありません。我が家も不吉でこまります。
それもあり、浜田Z3家による、絶対に我が家の住所・番地の使用は禁止します。

(3)2021年12月7日に我が家にこられたノウサイ担当者は、Z3家宛書類を我が家の郵便受けにいれたことは一言もいわれませんでした。不思議な話です。更に今回の書類の件では我が家への住居不法侵入などを疑います。

 住所二軒問題は下記アドレスにリンク集があります。御覧になれば事情が分かるでしょう。
http://yasuragiblog.h-takamasa.com/?item=41077 (アドレスリンクPDFでも配付中)

ノウサイ担当者様

(ID●4●番地に住んでいる本当の唯一の人間・)浜田隆政

2022年2月10日に下書・2月11日清書、2月12日頃投函予定。


追伸。私のHPを日常的に御覧いただければ有り難く思います。
公式HP:http://takahama-chan.sakura.ne.jp/
安らぎ文庫HP http://h-takamasa.com/
その他、約十程度のHPがあります。

簡単に調べる場合。検索サイトで「浜田隆政」か「Takamasa Hamada」で調べれば大量にでてきます。どのHPからでも💁案内があります。


2022/02/11 20:39 追記

2022/02/11 13:29調べますと以下の記載がありました。
★★★★★
【火災保険】他人の建物に保険をかけることは出来ますか?
アンサーID : 1256
はい、可能です。ただし、お申込み時に必ず所有者のご同意が必要となります。また、補償を受けられる方は所有者(=記名被保険者)になります。一般的には、所有者の方が保険契約者となってご契約いただいています。
★★★★★

上記を読んでの結論。
①2021年12月7日にノウサイの担当者に「浜田Z3家が我が家の住所・ID●4●を使用するのを禁止している…」(同意拒否)より、浜田Z3氏がID●4●を使用した文書では契約は成立しません。

②しかし浜田Z3氏が「ID●4●」と住居者名や世帯主名で浜田Z3で何等かの書類を書かれますと、風評被害その他で、私は大変な被害を被ります。名誉毀損のみか、(開業妨害を含めての)経済的損失があれば詐欺罪(刑法250条、未遂でも246条)に該当する大犯罪被害に遭います。今回の措置の手間と費用火災時には保険金詐欺の冤罪の危険姓更に市役所の給付金支給手続でも私の住所使用被害がないかの確認強要まで波及という大変な労力被害となっています。
ノウサイ関連者にも、ID●4●番地の住人に浜田Z3を一切入れないこと、同時に今回の火災保険などで浜田Z3とID●4●の組合せは一切しないよう通告をします。

③上記の②を徹底するため、誰かが私の机の上においてあった書類には赤線で使用禁止を明記し、この書類を使えない形にした上で貴社に返送します(コピーを送付に変更)。念のため、写真及びスキャニングは行っています

 ④同時に、私のHPでガラス張り公開します。
浜田Z3氏への温情で、彼の氏名と本当の住所は今回も伏せます。私は実名で記します。本来は個人情報保護問題があっても、私に被害を与えた時点で、実名表記で問題は一切ありません。過去には、浜田Z3氏による我が家住所・番地使用によって人権擁護協会の封筒を入れられ、その後始末による、東京行きキャンセルのみでも2万円余りの損害を既に被っています。もはや詐欺罪が成立するかもしれませんが、親戚の関係で我慢しているだけです。
住所使用されたことによる被害は他にも黒猫、佐川、郵便局、トマト館、法務局、JA、ゆうパック、各種業者…でトラブルになったのも含めて多数あります。
●掲載予定箇所:総合案内所・トラブルブログ(下記等)
http://yasuragiblog.h-takamasa.com/?p=41555

⑤なお、浜田Z3氏司法書士のため司法書士倫理規定などの諸問題に反しています。同時に、上記の件などは職業がら、私の方の被害を知った上で、故意にしたと、社会通念上は解釈されます。悪まで社会通念上の解釈です。

2022/02/12 追記
同封物
①書類に線を引き無効としたコピー。書類原本は何等かの犯罪性がでた時に証拠提出用に保存。
また、我が家が火災時に保険金詐欺などの濡れ衣を防ぐため、何人かに原本を見せておく等。
②同上写真=書類に赤線を入れて無効としていることの証明用
③2021年2月6日訪問職員 東山さんの案内書コピー。
④私の人物証明用免許証コピー(私の偽者が横行しているため、浜田隆政の偽者に注意を)
免許証コピー悪用宇防止用に薄い水色で浜田隆政と明記

(上記同封物の内)①のみを下記に添付

NOUSAI書類

必要時には写真も添付。原本を送付しなかったのは、万一、私の想像道理に誰かが住居不法侵入をしていたことが明白になった場合には刑事告発となり、捜査の段階で指紋などが必要になる場合があるからである。

こうしたことをされることにより、給金支給手続などで、Z3家問題を書かなければならなくなり、多大な時間損失に繋がっている。

役場宛文書は下記リンクを予定。

 

http://h-takamasa.com/Blog-2/Archives-3/activity/485/

(資料)

https://twitter.com/Takamasa_Hamada/status/1492483153960660992?s=20&t=v0Wk3Yrkb25mem4OwbKHrA

 

2022年2月13日