第三回世界の歌・🇮🇹イタリア改訂版・各Pat集(1)

第三回世界の歌・🇮🇹イタリア改訂版・各Pat集(1)

全体のガイド(パンフ)PDF下の赤字をクリック。

第3回世界の歌・イタリア改訂版・The third world song revised version―Italy exhibition HP. :Guide PDF

第3回世界の歌・🇮🇹イタリアrevision版Part-1(2021/10/19~11/9頃)

→Part-1から2のみ、20日間隔を置きます。後は10日間隔で実施予定。(第一会場と第二会場があります)

●第一会場(First Venue)

●第二会場(Second Venue)

 

(October 19)💁開幕🎊【🎼#世界の歌】
🇮🇹#イタリア-改訂№1
❶会場(❶Venue) 🕊️公式HP/🕊️OfficialHP

①🇮🇹#アイーダ(#Aida)

②🇮🇹🎶#Godfather→🇬🇧#キャサリン・ジェンキンス (#KatherineJenkins)
③🇮🇹🎶#蝶々夫人(#MadameButterfly)→🇺🇦#ArinaDomski

📣🇮🇹#オーソレミオ( #OSoleMio )
④🇮🇹#アンドレア・ボチェッリ(#AndreaBocelli)
+🇩🇪🇺🇸🎻#DavidGarrett
⑤🇮🇹🇪🇸#三大テノール(#TheThreeTenors)
🇮🇹#ルチアーノ・パヴァロッティ(#LucianoPavarotti)
🇪🇸#プラシド・ドミンゴ(#PlácidoDomingo)
🇪🇸#ホセ・カレーラス(#JoséCarreras)

⑥🇮🇹🎶#国歌/#Anthem
→🇮🇹#フランチェスカ・ミキエリン(#FrancescaMichielin)

http://takahama-chan.sakura.ne.jp/
※明日=安らぎ文庫HP→🌎海外勢の襲撃

【解説】
①(掲載前コメント)荘厳さを強調。これがイタリアだ。

(実際)10:32一曲目→リンク切れで今暫くお待ちを。同一物調査します。ない場合には予備のコンテンツを.
10:42→ほぼ同一を掲載確認中。二曲目は10:47頃

②(掲載前コメント)素晴らしいの一語。この歌の作曲家もイタリア人。

(実際)イタリアの作曲家{ニーノ・ロータ(Nino Rota)}がつくった歌をイギリスのキャサリンが歌う。すばらしい歌と歌唱力です。

③変わった角度から紹介。オーソドックスな物はPart-3特別編(日本とイタリア)で紹介予定。ただし、Part-3の第二会場(安らぎ文庫HP)では南欧特集予定。

(実際)ウクライナのARINA DOMSKI さんです。通常版の蝶々夫人もいずれ登場します。今回は異色版です。世界の歌は世界の名曲ばかりか、世界中から歌い手が登場します。歌手ではなく歌い手、即ち、無名の素人の人も登場します。ただし、私が聴いて世界に推薦した物のみです。

④(掲載前コメント)ここはイタリア人の( Andrea Bocelli )。⑤が男性のため、女性歌手とで迷いましたが、彼の情熱ある歌で決定。若いときよりも、こちらの方がすばらしいのでは。

(実際)アンドレア・ボチェッリの「オーソレミオ」の中でも、このコンテンツは素晴らしかったです。乗っていました。🎻バイオリンはドイツ出身のデヴィッド・ギャレットさんです。

⑤(掲載前コメント)ここは、ルチアーノ・パヴァロッティか三大テノールで決まり。

(実際)上記を同一歌手の同一曲の別のコンテンツに変更検討中です。変更理由は以下。
11:35頃変更
オペラは敷居が高い。私などは音楽の時間、オペラやクラッシックの時は授業中私語その他で遊んでいた。そこで、誰でもが楽しめる版に置き換えた。今回、最初掲載のものは正式編最後かどこかで再登場予定でいる。

もっとも、今掲載したものは一番最初に候補としていた。ただし、音が小さいコンテンツか、若しくは他の曲との合併版で長いしかないため、今回最初に掲載したものに置き換えた。しかし、音が大きい別コンテンツがあったので、一番最初に考えたものに戻した。

尚、Liveはレコードと異なり、演奏の度に毎回違う。陸上選手が100㍍やマラソンを走るときに毎回タイムが違うのと同様である。同一歌手、同一曲、同一の頃の年齢でも毎回違う。更に、編集する人の技術でコンテンツごとに異なる。

一度掲載すると変更しないの例外は同一歌手・同一曲の場合です

⑥(掲載前コメント)イタリア国歌は三度掲載予定

(実際)①に対応するコンテンツもあったのですが、内容が閉幕にふさわしいため、該当箇所に延期。今回は、飛行機が飛び、開幕にふさわしいものを採用。国歌は三回登場し、その都度違うものが登場します。

第3回世界の歌・イタリア拡大再演は10月19日開催開始。
開催期間はPart-1~Part5若しくはPart6迄を予定。
ただし、正式編はPart-4まで。
Part-3は特別編第二会場でイタリア周辺国(ギリシャ等数カ国)も参加予定。Part-5以降は付録編。

第3回世界の歌・🇮🇹イタリアrevision版Part-2(2021/11/9~11/19頃)

→Part-1から2のみ、20日間隔を置きます。後は10日間隔で実施予定。(第一会場と第二会場があります)

●第一会場(First Venue)

●第二会場(Second Venue)

第3回世界の歌・🇮🇹イタリアrevision版Part-3(2021/11/19~11/29頃)

→Part-1から2のみ、20日間隔を置きます。後は10日間隔で実施予定。(第一会場と第二会場があります)

●第一会場(First Venue)

●第二会場(Second Venue)

第3回世界の歌・🇮🇹イタリアrevision版Part-4(2021/11/29~12/9頃)

→Part-1から2のみ、20日間隔を置きます。後は10日間隔で実施予定。(第一会場と第二会場があります)

●第一会場(First Venue)

●第二会場(Second Venue)

第3回世界の歌・🇮🇹イタリアrevision版Part-5(2021/12/9~12/19頃)

→Part-1から2のみ、20日間隔を置きます。後は10日間隔で実施予定。(第一会場と第二会場があります)

●第一会場(First Venue)

●第二会場(Second Venue)

第3回世界の歌・🇮🇹イタリアrevision版Part-6(2021/12/19~12/29頃)

→Part-1から2のみ、20日間隔を置きます。後は10日間隔で実施予定。(第一会場と第二会場があります)

●第一会場(First Venue)

●第二会場(Second Venue)