【その他】№173・ハンギョレ新聞に掲載して消去された三箇所

このエントリーをはてなブックマークに追加

気が向けば一言【その他】№173・ハンギョレ新聞に掲載して消去された三箇所


2020/02/25 2:07公開

2020/02/25 2:36修正

2020/02/25 4:05修正


(2020/02/25 2:32追記修正)
ハンギョレ新聞から削除されたことは、正直に言えば、超多忙のため余り気にしていない。
ただし、Facebookなどが何か余分なことをしたのかと警戒しただけである。
同時に、数々の謀略があるため、念のために関連資料を保存した。
更に、私への催眠利用で(言動や文書を書かされ)人との対立を煽る事件が続発している証拠として保存した。この文書の最後の箇所を見れば分かろう。

ちなみに、各種SNSやHP活動は制限枠を検討中である。Twitterは一日1~3つを原則とし、Facebook等は数日に一つという制限枠を検討中である。私のHP類も同様である。




ハンギョレ新聞に掲載して消去された箇所は以下の三箇所である。

一番目
【タイトル】民主主義の危険性と必要性
【掲載日】2020年1月20日
【ハンギョレ掲載アドレス】)http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/35513.html
【掲載内容と同一をFacebookにも記載】
(同一内容Facebookアドレス)
https://www.facebook.com/takamasa.hamada.92/posts/2602770666459336


☆☆☆☆☆☆
【ハンギョレ掲載内容】
☆☆☆☆☆☆
(2020/01/20 21:40) #民主主義
α民主主義の危険性とβ真の民主主義の必要性
αもし終戦前夜に国民投票をすれば戦争継続が圧倒と予想。
→#民主主義独裁  (プレビシット[plebiscite]独裁) と呼ぶ
β#治安維持法 を考えれば分かるように 真の民主主義の必要性

#アリストテレス はαを衆愚政治🆚βを民主主義

#ルソー はαを全体意思 βを一般意思
→α下の民主主義は危険 β下の民主主義が重要

今、🎌はα型民主主義型で…→β型民主主義が危機
対策はルソーが回答

尚、日本の報道自由度は67位で、香港とほぼ同一。(cf.鳩山内閣時が11位)。
日本のマスコミ☞🤫→🙈🙉🙊→🤐(どの段階でしょうか)
☆☆☆☆☆☆

【掲載内容解説】は下記参照。
気が向けば一言【政治】№167・民主主義の危険性と必要性。
http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1238/

【政治】№167・民主主義の危険性と必要性



二番目
【タイトル】Mr. Bong Joon-Ho(봉준호) への祝いメッセージ
【掲載日】2020年2月11日
【ハンギョレ掲載アドレス】http://japan.hani.co.kr/arti/culture/35709.html
(同一内容Facebookアドレス)
https://www.facebook.com/takamasa.hamada.92/posts/2645918098811259


☆☆☆☆☆☆
【ハンギョレ掲載内容】
☆☆☆☆☆☆(February 11)
SNS等多くの箇所にコメントしましたが、ハンギョレ新聞日本語版にも同一の掲載をさせていただきます。
☆☆☆☆☆
🏆축하합니다!
I congratulate Mr. Bong Joon-Ho(봉준호) and your team on winning Academy Award for Best Picture.
From 🕊️浜田 隆政 (Takamasa Hamada)
☆☆☆☆☆

(下記はハンギョレ用コメント)
http://japan.hani.co.kr/arti/culture/35709.html
映画と言えば、『#Limelight』、『#七人の侍』、『To Kill a Mockingbird』の三本は、各十回以上、特に『To Kill a Mockingbird』は、大学講師時代に授業活用していたこともあり、50回近く見たのではないかと思います。
原作も英語、日本語両方で読みました。

そして、大学講師を辞めたある日、突如、グレゴリーペック(Eldred Gregory Peck)さんとTV双方向けで対談したような気分になったことがあります。その翌年頃に、即ち、2003年に、ペックさんはアメリカ映画協会が選んだ「映画の登場人物ヒーローベスト50」の第1位に選ばれました。そう、『To Kill a Mockingbird(アラバマ物語)』のフィンチ弁護士(Atticus Finch)として。しかし、残念ながら、ペックさんはその年に亡くなられました。

봉준호 (Bong Joon-ho)さんともいつの日かお目にかかることを願っています。受賞おめでとうございます。


追伸。
私とお会いした後、遺言を託すように亡くなられた方はいました。ペックさん、マザーテレサ(Mother Teresa)さん…と。しかし、遺言と言えば、#新藤兼人 監督は『#午後の遺言状』(1995年)を契機に、2000年前後から何度かお会いした気になっていましたが、2012年百才ちょうどまで現役で頑張られておりましたので、御安心ください。

#BongJoonHo #봉준호
#GregoryPeck #ToKillAMockingbird #AtticusFinch #MotherTeresa
☆☆☆☆☆☆

【掲載内容】は下記参照。
気が向けば一言【祝い】№171・㊗Mr. Bong Joon-Ho(봉준호)への祝い文など。
http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1246/

【祝い】№171・㊗Mr. Bong Joon-Ho(봉준호)への祝い文など。



三番目
【タイトル】【政経】・日韓問題への当初の仲介案と、仲介類ができない理由。
【掲載日】2020年2月16日
【ハンギョレ掲載アドレス】
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/35678.html
(同一内容Facebookアドレス)
https://www.facebook.com/takamasa.hamada.92/posts/2655856381150764


☆☆☆☆☆☆
【掲載内容】
☆☆☆☆☆☆
(February 16)【政経】・日韓問題への当初の仲介案と、仲介類ができない理由。

結論から記す。一時、(A)日韓の間に入ろうかと思ったが、(B)無理と考えた。

(A)日韓問題の抜本的解決の三手段。
①国際司法裁判所等。
だが一審制、…さらに15人の裁判官の内、日本人は一人(現在は岩沢雄司氏)がいるのに対して韓国はゼロという問題……《省略、本文参照》
②双方の国の国際条約、憲法、法律の解釈が、自然法…《省略、本文参照》

③政治的取引。司法取引に該当するような政治的取引である。
私は③番を考えていた。
📣具体的には、日本の拉致問題解決か決着に向けて、北朝鮮と日本の仲介役を韓国に依頼する。もし、一定の結論がでれば、日本は韓国に大きな借りをしたことになる。日本の国益を韓国にプレゼントされたとなる。
 その代償として、韓国からの要望ではなく、日本側の方から、貸しを返すため、日韓基本条約の見直し、場合によれば日韓基本条約を補完する新条約を締結することを申し出る。
 日韓基本条約に関する賠償権問題の解釈を離れての政治決着である。

(B)司法取引型の政治決着を目指すも、頓挫、そして撤退予定。
 だが当然ながら頓挫した。
一つは、安倍晋三氏は私の考えに乗ってくるはずがない。今や🐒と🐶の仲とも言える。
二つ目は、周知の如く、日韓問題が経済を始めとしてあらゆる所で対立・激化しすぎた。
三つ目は、米朝問題、南北問題が一部暗礁に乗り上げた。
四つ目は、私自身の経済問題である。…《省略、本文参照》

ただし、五つ目を付け加えておこう。
五つ目は、米朝首脳会談などに関わった以上、世界平和に繋(つな)がり、私の力が役立つときには、米朝、南北(韓国と北朝鮮)、…問題解決に向けて、動ける範囲で何らかの行動をしなければならないだろうと考えている。

 だが、それには時期というものがある。同時にアイデアが必要である。鶏が先か、卵が先か論争への解決の糸口を見つけなければならない。🐓か🐣か。要するに、核廃棄が先か、経済制裁完全解除が先か…という論争を、話合いで解決するためのアイデアが必要である。それも誰(米朝韓日中露…)にとって利益となる。…《省略、本文参照》

《省略、本文参照》…アメリカ大統領選挙…《省略、本文参照》

(C)GSOMIA及び日本の輸出規制問題については、私は先の理由及び下記の理由でノータッチとしている。

①一番大きな理由は…安倍晋三氏は私の意見を聞くことはあるまい。
…「私は安倍晋三氏が総理である限り、東京オリンピックは一切見ないと宣言している」人間である。伊勢志摩サミット問題で、私の「今月の歌」を共催し酷(ひど)い目にあったからである。
 親しいオリンピック選手が何人もいるため、残念ではあるが、それでも見ることはできない。選手へのコメントもオリンピック終了後を予定としている。…《省略、本文参照》…

②韓国国民と日本国民の友好は重要であるが、安倍政権と韓国政権が対立だけならば、気分が必ずしも悪くないと感ずることもある。安倍氏とうまくいかない人間🤡への援軍の如(ごと)きである。そうした人間がこの問題で仲介をすることは不可能である。
……《省略、本文参照》……

 GSOMIAの期限問題が11.22となっていても、(C)もあるが、(B)が効いており、動けない。
……《以下省略、本文参照》……

以上は、下記より一部要約と抜粋。
公式ブログ・🗽政治経済を語る・日韓問題への当初の仲介案と、仲介類ができない理由。
http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=26871
→2017年頃、日本のマスコミの一部を賑わせた、(安倍晋三)官邸と皇室の確執…も、《省略、本文参照》
強制動員被害者問題「可視的な進展なかった」 韓国政府、輸出規制の早急な撤回を求める 新型コロナウイルス、情報共有など協力しあうことに
☆☆☆☆☆☆

【掲載内容解説と(省略した部分を含む)関連全文】は下記参照。
気が向けば一言【政経】№170・日韓問題への当初の仲介案と、仲介類ができない理由。

http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1247/

【政経】№170・日韓問題への当初の仲介案と、仲介類ができない理由。



【対応コメント】ハンギョレの以下アドレスへ掲載。(ここは消されず残っている)。
【ハンギョレ掲載アドレス】http://japan.hani.co.kr/arti/politics/35678.html

浜田 隆政
(February 16)ここに重要なコメントをした。すると、公開できないとFacebookから連絡があった。当初は冗談かと思い、次のコメントを準備した。
だが、本当に貴新聞にもFacebookにもでていないので驚いた。
取りあえず、準備したコメントを記載。その後で、消された重要なコメントを再度掲載予定。

浜田 隆政
(February 16)Mr. #Zuckerberg に告ぐ。
先のコメントをしたならばブロックされた。
このようなコメントがでてきた。
📣「このコメントはコミュニティ規定に違反しているため、他の人には表示されません。オプションを表示」

私からの一言。
Mr. マーク・エリオット・ザッカーバーグ(Mark Elliot Zuckerberg)に告ぐ。
真面目にやれ!

君はいつもFacebookをもてあそんでいる。
そして、私が怒ると、ミスター・ビルゲイツ(William Henry “Bill” Gates III)の陰に隠れる。
それでは、いつまで経っても、MSを抜けぬ。

これ全部事実。

これを掲載した後で、30分後に消された内容を再度記載する。
まさか、🃏のジョーカーに当たったというのではあるまいな。
ジョーカーは英語で書くとJoker!

実際重要コメントであったが、アメリカ人相手では怒ってもジュークが出る。
なお、アメリカと絵文字をかくと🗽とでる。
Mr. #Zuckerberg 、再度告ぐ、真面目にやれ!😠


【対応コメント】ハンギョレの以下アドレスへ掲載。(ここは消されず残っている)。
【ハンギョレ掲載アドレス】http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/35513.html

浜田 隆政
(February 16)山口二郎氏へ。
ハンギョレ新聞の、《山口氏の[寄稿]東アジアの民主主義》の箇所に掲載していた、私(浜田隆政)のコメント(2020年1月20日)だけが消去されていた
私の偽者が横行していることは事実であるが、ここは本物です。
同郷のよしみ及び同一の政治学者として、山口氏の方でも事情を調べてもらえないだろうか。この箇所に掲載すれば山口氏が見るかもしれないための記載。
ここで連絡が取れぬときには、山口二郎氏宛にも何らかの手段で連絡を試みよう。

Facebookからの連絡で分かった。
内容はアリストテレスの衆愚政治危険性とルソーの全体意思の危険性論であった。
後に発展させて、その対策としてJ.S.ミルの自由論、モンテスキューの三権分立論、さらにはアメリカ型の選挙人選挙(間接代表制)論を論じた箇所である。

もし、誰かが勘違いをしているならば、初歩的な政治学の解釈ミスである。

尚(なお)、私のHP類は現在までは全て非営利・個人のHP。
広告収入は全て一切つけず、スポンサーもつけていない。勿論、選挙にもでる気はないし、党派中立・宗派中立で、特定政党のCMもしていない。


(この下にはFacebookだけに追記予定)


【対応例】
https://twitter.com/Takamasa_Hamada/status/1230071743714213888?s=20

https://twitter.com/Takamasa_Hamada/status/1230071743714213888?s=20

20-050-1【消去】
2020/1/20ハンギョレ新聞への私のコメントが2月16日削除された。
#ハンギョレ =facebook連携であるが、後者では同内容は見られる。
職員の考えと思えず、?の謀略を疑う
このコメントは #山口二郎 寄稿「東アジアの民主主義」箇所掲載のため、山口氏に相談。
通常の🤡Twitterに続く

https://twitter.com/Takamasa_Hamada/status/1230073306444783616?s=20

20-050-2【消去】
①掲載していた内容は添付写真と同一文。
②このコメントへの詳細解説は、私のブログ↓に掲載
http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1238/
尚、Facebook等メッセージ等の使用目的は本日の🤡Facebook参照。

◎消去問題迄の不可思議な流れ
A:超多忙とHP大改造計画等で📰コメントは暫くはしない方針

https://twitter.com/Takamasa_Hamada/status/1230075401570902016?s=20
20-050-3【催眠誘導】所が、
B #康京和 氏…でやむを得ずBだけ記載検討。
B=http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=26871

Cだが超多忙中、催眠で肝心のB以外を📰等にコメント強制され生活ガタガタで🥵😵🤯

D一月以上経ち漸く当初予定Bを記載

すると突如過去の一部に遡り削除の嵐。
🧐半年様子見後に直に問合せ🤔


コメント記載理由などを2020年2月27日に 《27日では早すぎるため後日》、気が向けば一言№174に掲載予定。