☝一言№002―自動販売機の釣り銭挑発について。6/27大幅追加あり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【更新履歴】
今回の文書はFacebookに2022/06/23掲載したものを、修正と加筆を加えたものである。今、下書段階で公開。

2022/06/27 12:44 12:51 大きく追加して、正式公開。17:48 一部追記。



(A)近所のAの例

(B)もう一件は、美作市位田から津山中央病院に自転車で近所の●●さんの見舞いに行ったときである。

この界隈の自動販売機の特徴から、推定では一回(Aの方)が30円から200円台の間と想像する。
(他の人が200円入れて130円の物を買えば70円お釣りで、160円のものを買えば40円、その釣り銭を持ち帰るのを忘れる。私も過去経験あり。また自動販売機が認識せず、だが下に落ちないことがあった。そこで、百円玉の事例が多い。それが何かのはずみで次の客のときにでることがある。また取り忘れがある。)

この件は一昨日のTwitterに催眠で延々と書かされて参った。本日も夕方寝た後で外の自動販売機を見るや催眠で再度書かされ参っている。
なお、私は倹約のため、家での飲物は原則としてまとめ買いをしており、近所の自動販売機には突然の来訪者(業者など)用であり、一年に2~3度しかいかない。

このときは今考えると不思議である。私がどの自動販売機で飲物を買うか、自動販売機の管理人が事前に知っていた可能性が高い。ようするに、私に催眠類をかけて、買う自動販売機を規定していた可能性が高い。

 この日の後で、見舞いに行った人宛に書いた手紙が下記である(この葉書は津山中央病院宛に送付しているため、病院内で覚えている人がいるかもしれない)。
この葉書の文書に「頭がボーとしていた」という記述があるため、尚更、その可能性が高い。このときは、自動販売機で物を飲むと、少し釣り銭が多い気がした。
 しかし、私の場合には特別な裏の顔がある。そこで自動販売機ではないが、幾つかの店ではこうしたことが多い。
 例えば、10年以上前に大阪でよく行く行った(くるくる寿司ではなく本格的な)寿司屋があった。
どう考えても値段が余りに安い。そこで、私(🤡)が言った。


🤡「おあいそ」
店「はい…」と暗算し、「●●円」。
🤡「計算間違いしていませんか。(私も料金表を見て暗算していたが)えらい安すぎませんか」
店「間違いありません。」
🤡「本当にこの額でよろしいのですか」
店「間違いないです。おおきに。」
…これ以上言えば、嫌みとなるため、これ以上は言わず。帰る前に
🤡「おいしかったで」(これはお世辞抜きの本当の話)
店「まいど」

ところが、店だけではなく、スーパー類でも撮影が絡んだときなどは、妙に安い値段をつけている店が多い。勿論、私が頼んだ訳ではない。更にホテルでも同様のときがある。
スーパーなどは、撮影の御礼という雰囲気であるが、(昔いっていた)大阪の寿司屋などの場合には撮影とのバーターではない。

 気のものであったり、双方のWinWinのためであろう。誰が見ても感じ良い店と人は思うことによるメリットかもしれない。実際に感じ良い店であった。
こういう世界に生きているため、津山道中のときには、炎天下を往復50㎞ほど自転車で行っているため、入院中の知人が…気を利かせたか、誰かが気をきかせ、いつものことかと思った次第である。いや、当時は(我が家裏の)入院中の人が気を利かせ「タカちゃん、🚴で夏にありがとうな、とっておっけ」と気をつかったと催眠か否か不明も確実に思わされていた。

 だが、この時は(A)と異なり、自動販売機のある場所の近くに店(多分この自動販売機を管理している可能性が高い店)があり、店の中の人が妙に私をじっとみていたため、これは大阪や随所で見られる私個人への御礼やWinWin型の返礼ではなく、前の客が取り忘れたお釣りかと少し気になった。

 そうならば、(A)と異なり、管理人らしき人がいたため事情を言おうかとも思ったが、無造作に釣り銭を丁寧に勘定せずにpocketにいれたため、pocket内の小銭と交わり、幾ら多いかが分からなくなり、声賭けをせずに行ったと思う。
もしくは、催眠型で頭がボーとしており、判断力がなかったかもしれない。このときは催眠ではなく暑さと自転車の漕ぎ疲れも否定できないともかく、津山中央病院手の葉書の如く、頭が機能不全であったことだけは間違いない。

しかし、過去自動販売機や公衆電話で釣り銭の取り忘れ類でも10円玉一つを10年に一度みるかどうかの確率である。(拙著『日本のフィクサーME』は面白おかしく書くため、公衆電話の釣り銭10円に出会う頻度を少し誇張したが、実際には10年か20年に一度程度、それも10円程度である)。
このときは自動販売機の釣りの合計が10円を超える額であったように思えたため覚えている。
最初は大阪方式…でいつものことか。その後はpocketにいれてしまった後か、それとも頭がボーとしており判断力をうしなったためか不明である。

なお、過去、自動販売機外では全て完璧に紳士的に対応している。
少し離れた店の人が睨むようにじっとみていたため印象に残っている。逆に言えば、我が家から往復40~50㎞の間で、私がどの自動販売機で何かを飲むかを事前に、誰かが察知して、準備をされたのであろう。機械の故障には見えなかった。

(B)の釣りが多い額は覚えていないが数十円から500円の間ではなかろうか。100円玉をいれた場合と500円玉をいれた場合からの計算である。千円札ではなかろう。千円の場合ならば私の本当の釣りと合算して、より明白に私が気づくはずである。

いずれも五千円札、一万円札が使用できない自動販売機のはずと思う。

自動販売機以外の過去の前例(6月23日のTwitter)

☆☆☆☆☆
22-174-13【🤡過去例】
①小学校⌚→湯郷交番に届け
②大学
⌚→東京駅に届出
③定期券入り財布
該当者に☎かけ、お礼…言われた為、🤡住所・氏名抜きで該当者に郵送
④(Z家の小父と同姓同名人もいる)村の店
過少請求→店に電話し、即座に持参し清算
全て完璧。
但し公衆☎で10円忘れ等は拝借が多い

https://twitter.com/Takamasa_Hamada/status/1539941532392124416?s=20&t=IGzq9aO8SStdyppkLcEcLg
☆☆☆☆☆

自動販売機は過去は10~20年に10円玉一つ多い程度でしかない。その逆の取り忘れは結構あるが。しかし、(A)と(B)と二度奇妙なことがあった。
(B)は2006年であり、(A)は覚えていないが、その後の10年以内である。奇妙な話である。自動販売機の故障ではないようである。(A)は近所のため、故障ならば不特定多数の人が…で近所づきあいから心配して、当日か翌日に機械故障のcheckにいったが、異常なかった記憶がある。

(A)は催眠かどうかは不明である。というのも、公衆電話の釣り銭口に10円玉があっても、警察に届出はしない。自動販売機の管理人が目の前にいれば声賭けをするかどうかも不明である。この十円は前の客のものであり、店のものではなく、法的には店は釣り銭の取り忘れを警察に届け出る義務が生じる問題もある。10円や100円では店も、警察も参ろう。
 ただし、千円以上は警察が嫌な顔をしても届けた方が無難である。三千円以上の場合には本当に罪を問われる可能性もあろう。
つまらぬ話であるが一昨日は一日これで潰された。一昨日のTwitter参照。
なお、(B)は相当の確率で、私がどの自動販売機でのむことになっているかを知り尽くし、何等かの工作をされていたと思われる。当時は、大阪方式の「まいど」と「おおきに」類と思ったことは既に記載した。これは私のような(表では無名、裏では世界のMr.hamadaという不可思議な)人生を強要されていない人には分からないであろう。


入院先の近隣のに送付した手紙は下記(人名のみ●●に置換え)
当時、頭がボーとしており、頭が機能不全で、見舞いに行った人に失礼にあたったかと思い、帰宅後に急いで書いた葉書である。催眠かどうかの判定は完璧にはできないが、頭がボーとしており機能不全であったことは記憶からも記録からも確かである。
尚、写真の蛙は我が家の庭で写した蛙であり、早くよくなって帰ってきて下さいという意味も兼ねて送付した。なお、このときに入院していた方は、一度退院されたが、再入院後に亡くなられた


(津山中央病院入院中の上記の人への手紙内容:2006年と思う)

 8月8日にお見舞いに行かせて頂きましたが、お見舞いの言葉どころか、まともなお話もできず失礼致しました。
理由は、●●兄ちゃんの寝ている所を起こしたため早く引き揚げた方が良いかという思いと、私自身が炎天下に自転車で津山中央病院まで行ったため頭がボーとしていた事にあります。

同時にマスクをつけ違和感をもたれたかもしれませんが、●●兄が再度手術必要と聞いていため、私自身は風邪等の気配はありませんが、病院内も含めて何らかの細菌の運搬役になってはいけないと思い、見舞前に病院内で入念な石鹸での手洗いとマスク着用させていただきました。私の方は現在体は頑強になりつつあり私への感染予防が目的ではなく、入院中しかも再手術前の人に菌類を運ばないための配慮にすぎません。

 ご様子を拝見すると顔色その他思っていた以上に素人眼には健康に思え、素人判断では安心した次第です。暑い日々が続きますがお体にご自愛下さい。それではまた元気に戻られる日を楽しみにしております。お見舞い時に話しができませんでしたので改めて暑中見舞兼用でこの葉書をださせて頂きました。裏の写真は我が家作業場前で写した本年暑中見舞用写真です

追記、受付で手渡された用紙は近眼かつ老眼のため見ず、ナースステーションに立ち寄らず直に見舞に行きました。お許し下さい

葉書の裏に添付した写真(我が家内の子蛙)




2022/06/26 0:48追記
(1)この文を掲載前、Twitterに以下掲載
☆☆☆☆☆
22-176-1【催眠】
6/25順調に推移。
18時頃応接間で疲れから数十分仮眠。
起床後に、二階の窓から、6/23にTwitter記述の自動販売機が見える。人の姿。
それを契機に催眠状態でまたも自動販売機の件。
Facebookに記載。
Facebook会員以外用に一言にこれから掲載予定

https://twitter.com/Takamasa_Hamada/status/1540712824061972481?s=20&t=IGzq9aO8SStdyppkLcEcLg
☆☆☆☆☆

(2)上記の(2)の自動販売機は、林野から東津山へ行く道中の179号線の(津山に向かって)左側沿いにある。勝間田駅から国道53号線への途中、多分勝間田駅から大崎駅付近までの間と思う。後に記すように、?が、私の頭がボーとすることを事前に計画して小細工をしていた可能性がある。
立ち寄ったのは上記の葉書から見ると2006年8月8日と思う。
日程表の当時の行程をみれば、時間も推定できるかもしれない。

(3)6月23日の経過は
Twtitter22-174-1~22-174-13と22-175-1~2を参照。

□(分析上考え憎いが)万一、小細工と違っていた場合にはTwitter22-174-11とTwitter22-174-12を参照いただきたい。22-174-10も号参考までに。

 

津山道中の場合は100円?~500円までの間。詳細な額は一切覚えていない。100円以下もありうる。誰かが500円玉いれての釣り忘れ(500円―商品代)か、100円玉を入れて未認識で落ちていた場合(100円)を想定しての想像で書いただけである。
https://twitter.com/Takamasa_Hamada/status/1539921410487103488?s=20&t=AOpI5PvkV86W8M-jepHB2Q


2022年6月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : TAKAMASA HAMADA